メニュー

お知らせ

(2024年5月28日更新)診療に関するお知らせ。  [2024.05.27更新]

(2024年5月28日更新 混雑状況に応じて、随時更新します)

お知らせ

・開院直後(午前9時30分まで)は、電話がとれない状態です。

発熱外来については、人数を制限します。電話でお問い合わせください(9時30分~12時 当日のみ 来院時間の案内を行いますが、待ち時間がありますのでご了承願います)。

・発熱外来の対象患者は、以下のいずれかに該当する方です。; ①1週間以内に37.5℃以上の発熱があった方、②インフルエンザまたはコロナ(COVID-19)感染5日以内のかた、③発熱検査(インフルエンザ、コロナ他)希望の方

・診察の都合により、順番が入れ替わる可能性があります。

・希望通りの鎮咳薬(せきどめ)の処方が、できなくなりました。錠剤は無いようです。短期の処方(粉薬やシロップを5回分など。薬局の在庫状態により、日々変更があります)や、代替薬で対応いたします。抗生物質も不足気味です。

・混雑している場合は、ご希望の検査や治療などができない場合があります。

・検査キットが不足気味です。

・17時過ぎに当院の会計が終了した場合、一番近い調剤薬局様について、対応ができない状況になっています。翌営業日または、遅くまで開いている薬局(車で5分程度)への案内になる可能性があります。

・4月11日より診療を再開しています。一部、復旧工事が完成していないところがありますが診療には影響ありません。

・事務(受付)職員の募集は締め切りました。ありがとうございました。

 

院長ブログを更新しました。 [2024.05.04更新]
点取り虫(令和6年度診療報酬改訂)
院長ブログを更新しました。 [2024.03.06更新]
工事のため休診予定です(3月26日から休診、4月11日から診療)
オンライン資格確認(利用可能)  [2024.02.01更新]

2024年1月31日にオンライン資格確認端末(マイナンバーカード受付)の工事が終わりました。2月2日より運用を開始しました。よろしくお願いします。 院長

院外調剤薬局について  [2024.01.22更新]

おかげさまで、患者さんが増えています。受付終了は17時ですが、2024年1月より、会計終了が18時を過ぎてしまうケースが発生しております。一番近い薬局様が18時で閉店になります。診察および会計の終了が締切時間を過ぎた場合は、翌日の受け取り、または、19時頃まで応需している薬局様への案内になります。ご理解いただきますようお願いいたします。 院長

(調剤薬局向け)時間外における疑義照会の方法について  [2024.01.20更新]

(調剤薬局様向け連絡)時間外はホームページ等に公開した電話番号(050-5536-8982)がつながりませんので、時間外における疑義照会の必要がある調剤薬局様におかれましては、まず、診療時間内に、ご連絡いただけますようお願いします。FAXまたはLINE等での照会方法を、折り返してご案内いたします。 院長

院長ブログを更新しました。 [2024.01.02更新]
年末ジャンボ宝くじ(30年目 令和5年末)

当院で行っている治療

気管支喘息(ぜんそく)
長引く咳(せき)や、夜間のしつこい咳、市販のせき止めが効かない咳の原因として、喘息が隠れている可能性があります。吸入治療を行うことで気道の炎症が取れて、かなり良くなるケースが多いです。救急外来での治療は即効性がありますが、再発することが多いので、吸入薬の継続をお勧めします。根気よく治療することが大切です。
発熱外来
急性気管支炎、肺炎、各種ウイルス感染症について、クリニック内の診察室で対応します。
・COVID-19、インフルエンザウイルス感染症
対症療法または、クリニックで入手可能な抗ウイルス薬を、必要な患者について使用する方針です。
・タバコによる慢性呼吸器病(慢性閉塞性肺疾患COPD、肺気腫、慢性気管支炎)
タバコを吸い続けて20年ぐらいすると、咳、痰の症状が出てくることがあります。放置すると息切れの症状も出てきて、日常生活に支障をきたすようになります。例えば、スーパーやショッピングモールでの買い物、空港での移動が難しくなってきます。喫煙が続いていても治療は可能です。禁煙外来にも対応する予定です。
・気管支拡張症
慢性的に気管支に弱いところがあると、気管支炎を繰り返したり、血痰の原因になることがあります。クリニックでは各種投薬の対応を行います。
・高血圧症
著しく高い血圧を放置すると血管に負担がかかり大変危険ですので、降圧薬の服用をお勧めします。
・脂質異常症
食生活や肥満の改善、運動で改善することもありますが、自身の経験では、薬なしでの改善は難しいと感じています。これも血管にダメージをきたす可能性があるため、必要な方にはお薬をお勧めします。
・糖尿病
インスリンの効果が不足して高血糖になり、これも全身の血管にダメージをきたします。食生活や肥満の改善で良くなることがあります。難しい場合は、内服薬などの治療が必要になります。これも放置しない方が良いです。インスリン注射が必要なこともあります。

・小児
呼吸器症状でお困りのかたについて対応いたします。

(2024年1月14日更新 他院へ案内しています)

・胸部異常陰影

CT画像の撮影が出来ないため、他院へ案内しております。

・睡眠時無呼吸症候群の初期対応

簡易検査のみ可能ですが、小さいクリニックでは限界があるため、初期対応については、他院へ案内する方針に変更いたしました。他院にて、持続的陽圧呼吸療法を導入され、病状が安定したかたについては、紹介を受け付けています。

 

詳細は「当院の特徴」のページをご覧ください。

交通案内

〒9042245
沖縄県うるま市赤道174−12 201号室(ビル中央に階段とEVあり)
赤道十字路バス停から徒歩3分、春日観光ホテルと沖縄海邦銀行赤道支店の裏手、名城病院向かい、名城病院駐車場利用可能。1Fにひまわりキッズクリニック小児科と薬局あり。
大きい地図はこちら

診療時間

診療時間
(受付は30分前迄)
9:00〜13:00
14:00〜17:3017時まで

休診日:水曜日、日曜日、祝日

紹介先・提携病院

当クリニックは、下記医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

  • 中頭病院
  • 沖縄県立中部病院
  • 中部徳洲会病院

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME